【メニュー】PCは上メニューより。(スマホ版は右上の『MENU』より)

エクスプレッションペダルのオススメを紹介します!

近年、マルチエフェクターの小型化が進み、アンプシミュレーターの高性能化もあり、
デジタル物がギター界では断然人気です。

1台に全てが詰まっているので、音の管理はとても便利!
もちろん持ち運びにも。

しかし、より使いこなそうとすると、必要になってくる物があります....。

その中で今回は『エクスプレッションペダル』!!のお話です。

使用方法やオススメのペダルもご紹介していきます!

スポンサーリンク

オススメのエクスプレッションペダルを紹介します!

では少しだけ『エクスプレッションペダル』についてお話します。

エクスプレッションペダルって何?

エクスプレッションペダルとは、
「ペダルを踏んで、機材内のデータを変更させる」ものです。

例えば、ヴォリューム。
ペダルを踏んで、ヴォリュームを変更する事出来ます。

』!??

エクスプレッションペダルは、使用する機材(マルチエフェクターやデジタルアンプ)の中で、
ペダルに設定可能なパラメーターは、すべて変更する事が出来ます。
*機材の中の全パラメーターをペダルで変更できるわけではない。

でも基本的なパラメーターは設定可能ですので、
よほどトリッキーな使い方をしなければ困る事はないと思います。

代表的なのは、

  • ヴォリュームコントロール(ヴォリュームペダル)
  • ワウコントロール(ワウペダル)
  • ....

などでしょうか。

オススメのエクスペレッションペダル。

JIM DUNLOP  DVP3 Volume(X)

これ私使ってます。
ちょっと踏みが柔らかいです。

BOSS FV-500L

定番ですが、扱いやすいです。
踏みが固めなのがいいですね。
(固めの方が任意の場所で止めれますよ)

Mission Engineering EP1-KP-GN

kemper使い御用達エクスプレッションペダル。

Mission Engineering EP1-L6

LINE6に対応したエクスプレッションペダル。

KORG XVP-20

KORGの定番エクスプレッションペダル XVP-10のリニューアルモデル。
踏みが大きく、とても頑丈で安定しているのはもちろん、
スムーズなコントロールも可能なモデルです。

BOSS EV-30

BOSSのエクスプレッションに特化したEV 30。
EVシリーズなので、ややコンパクト設計。

エクスプレッションペダルもさまざまです。
使用用途や、自分に合った使いごごちのモデルを選べるといいと思います。

それと機種によっては、メーカー推奨しているものなどがありますので、
エクスプレッションを選ばれる時は、使われる機材に注意して選んでください!



またオススメがありましたら、追記したいと思います。

スポンサーリンク

ケーブルに注意!

エクスプレッションペダルを使用する時のケーブルにご注意を!
通常のエフェクターを繋ぐパッチケーブルは、『モノラル』です。
一方エクスプレッションペダルに使用するケーブルは『ステレオ』です。

見分け方は、

ケーブル
           ステレオとモノラルにご注意を!

プラグに線が1本はモノ。
線が2本がステレオです。
エクスプレッションペダルを繋ぐ時は線が2本のケーブルです!(赤い方ですね)

以上、オススメのエクスプレッションペダルでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク